2023年、2024年、革靴の値上げは今後も続く?

革靴の値上げがずっと続いています。

残念ながら値上げは今後も続く見込みです。

このブログでは、革靴のお手入れを約3年以上続けてきた革靴好きの知識を発信しています。

もし欲しいと思える革靴があるなら、価格の値上がりは今購入する理由として十分ではないでしょうか。

雨の日の革靴でおすすめなのは?(マドラスウォークの紹介) スコッチグレインをおすすめする理由(シャインオアレインⅢの経年変化、欠点も報告)

革靴の値上げは今後も続くのか?

革靴の値上がりが続いて悲しい。

値上げは今後も続くの?

残念ながら今後も続く見込み

残念ながら革靴の値上げは今後も続く見込みです。

ここ最近でも例えば

スコッチグレイン シャインオアレイン Ⅲ2021年税込
33,000円
2023年税込
36,300円
レイマー May2022年税込
23,000円
2023年税込
26,000円
ロイドフットウェア Vシリーズ2022年税込
約39,600円
2023年税込
47,300円

など、各メーカー値上がりしています。

値上げの理由

値上げの理由は原材料費の高騰、世界的ブランド企業の革の囲い込みが原因の1つと言われています。

革自体の価格、輸送費、革を作る上での人件費などが高騰し、革靴の価格に反映されています。

また、世界的ブランド企業が品質の良い革を確保するために革の在庫を囲い込み、市場の革の供給量が落ちて価格が上がっています。

革質も落ちてきている

革靴の価格は上がり続けていますが、革質は逆に落ちていると言われています。

血筋やトラなどがある革が革靴の製造に使われます。

一昔前の中古品の革靴で、品質の良い革靴が多く見られます。

欲しい靴を手に入れるなら今が買い時

革靴はいつ値上がるか予想がつきません。

欲しい靴が決まっているなら、今後も値上がりが続く見込みのため、今が買い時ではないでしょうか。

後で買おうと思ったときには今と比べて3,000円から5,000円ほど値上がりしているかもしれません。

もしセールがあるなら、時期を検討して購入を考えましょう。

お手入れを欠かさず続けてきた革靴愛好家からのアドバイス

このブログでは、革靴のお手入れを約3年以上続けてきた革靴好きの知識を発信しています。

革靴の経年変化 約1年の報告(ロイドフットウェア Vシリーズ黒・ブラック) 雨の日の革靴でおすすめなのはRAYMAR(レイマー)?

値上がりは今購入する理由として十分

もし欲しいと思える革靴があるなら、価格の値上がりは今購入する理由として十分ではないでしょうか。

まとめ

残念ながら革靴の値上げは今後も続く見込みです。

欲しいと思える革靴があるなら、価格の値上がりは今購入する理由として十分だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA