仕方がない?革靴のシワ入れの失敗(そもそもシワ入れは不要?)

革靴のシワの悩み

新しく買った革靴なんだけど、

シワの入り方が気に入らないんだよね

わかる

気に入った革靴だと尚更よね

履いている革靴をふと眺めてみると、シワの入り方が気に入らないことが多々ありますよね。

気に入らないシワが入るとなんとなく愛着が薄れたような気がします。

そんな時はどう気持ちを切り替えればいいのでしょうか。

そもそも革靴の履きおろしに

シワ入れって必要なのかしら?

シワの形は仕方がないと諦める

革靴に入ったシワは二度と取れません。

諦めが肝心です。

楽しむために革靴を買っているにもかかわらず、シワを気にしすぎ、ストレスが溜まるのは本末転倒です。

シワそのものは、履いた方自身の足の癖やカタチを表しており、いわば履いた方自身を表しているものです。

そのシワを受け入れてあげてください。

シワに必要以上に神経質になり過ぎず、革靴とうまく付き合い、楽しく過ごしましょう。

良いシワ、悪いシワとは

革靴に入るシワの形に、悪いシワ、良いシワといった区別はありません。

シワそのものは、履いた方自身の足の癖やカタチを表している必要なものです。

なのでシワのできる位置に一喜一憂する必要はありません。

できたシワは貴方そのものなのですから。

シワ入れは必須のお手入れではない

よくある質問ですが、革靴の履きおろしの際、シワ入れをした方がいいのか?ということがあります。

確かに新しい革靴を履いて、意図しない場所や通常入らない場所にシワが入ると嫌な気持ちになることがあります。

こんなことになるならシワ入れをして綺麗なシワを入れておけばよかったと思う方もいると思います。

革靴が趣味で、普段革靴に十数万円かけて購入したり、普段使いではなく鑑賞用に革靴を購入する方の場合、趣味の革靴としてシワ入れを考えられてもいいと思います。

しかし革靴が趣味ではなく生活に必要なものとして履かれている方にとって、革靴の履きおろしの際にシワ入れは必要ない、と私は考えています。

シワ入れはやりたい方だけ行えばいいでしょう。

シワは放置するとひび割れの原因に

シワのカタチ自体に良いも悪いもないのですが、深く入ったシワはひび割れの可能性につながります。

深いシワが入らないように次のことを実践しましょう。

  • 履いた後はシューキーパーを入れて、シワを伸ばす
  • 数足をローテーションして履き、負担を軽減する
  • 深いシワが入らないよう、サイズの合った革靴を履く

履いた後はシューキーパーを入れよう

履いた後はシューキーパーでシワを伸ばし、ひび割れを防ぎましょう。

シューキーパーの入れっぱなしに注意

シューキーパーは履いた後すぐに装着しても、一晩経ってから入れてもどちらでも構いません。

ですがシューキーパーは入れっぱなしに注意しましょう。

特に夏などの気温が高くなる時期では、通気性が悪くなり、革靴の中にカビが生えてしまいます。

カビが生えるとカビ取りが大変ですので、シューキーパーは長くても2日間ほどにしておきましょう。

革靴のシワ伸ばし、シワ取りの方法とは?ひび割れを防ぐために

数足をローテーションして履こう

革靴は連続して履かず、ローテーションして履いてください。

連続して履くと、革靴の湿気が抜けず、シワの部分のダメージが大きくなります。

みなさんがよくご存知の某有名革靴メーカー推奨の数は

中3日休ませる

でした。

やはり4足以上を推奨されていますね。

革靴は何足あればいい?ローテーションに必要なのは何足なのか?

サイズの合った革靴を履こう

深いシワが入らないために、サイズの合った革靴を履きましょう。

サイズが大きい革靴を履くと、足の甲の部分に空間、隙間ができ、革靴に深いシワが入りやすくなります。

フィッティングは店舗でみてもらう

革靴のフィッティングは店舗で知識のある店員にみてもらいましょう。

店員は革靴のプロフェッショナルであり、多くの方のサイズ合わせに立ち会い、豊富な知識をお持ちです。

明らかにアルバイトで知識や経験がなさそうな方は避けましょう。

そういった意味で革靴以外にスニーカーも取り扱う靴屋より、革靴専門店の方がいいです。

店員にサイズをみてもらった後は、自分の知識、経験を活かして自分の感覚でも確かめましょう。

サイズ感が変わることも考えて

革靴は履いているうちにサイズ感が変わることも考えてサイズを選びましょう。

革靴は中敷と靴底の間にコルクが入っています。

コルクはクッションの役割をするほか、コルクが足型に沈み込むことによって足裏にだんだんフィットしていきます。

履いているうちに靴が足に合ってくるのもコルクのおかげです。

この沈み込みによって、購入当初はジャストサイズだった靴が、数ヶ月後は少し大きめになってしまうこともあります。

また、革靴は縦には伸びませんが、横幅は革が多少伸びてくれます。

コルクの沈み込みや革の伸びでサイズが変わることも頭に入れてサイズを選びましょう。

革靴のサイズがきつい、痛いときの馴染む期間が過ぎるまでの対処法

フィッティングは夕方から夜に行う

フィッティングは夕方から夜にします。

人間の足は歩行でむくんだりするため、1日の間でサイズが変わります。

夕方から夜は足がむくんで大きくなっているので、そのときにフィッティングをするのをオススメします。

革靴のフィッティング

以上、革靴のお手入れをサボらずに続け、ローテーションをきっちり守って履いている、革靴好きからのアドバイスでした。

まとめ

革靴に入ったシワは二度と取れません。

諦めて受け入れることが肝心です。

革靴のシワは履いた方の足のかたち、歩くクセに合わせてできた、履いた方自身を表しているものです。

また、シワ入れは必須の手入れではありません。

シワ入れはやりたい方だけ行えばいいでしょう。

シワに必要以上に神経質になり過ぎず、革靴とうまく付き合い、楽しく過ごしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA